たくさんある化粧品の使い分けは?


化粧品の種類はたくさんあります。

クレンジング、化粧水、美容液乳液、クリームetc.どれをどんな順番で、

どんなタイミングで使えばいいかはとても迷うところ。

またどうしても全部揃えなければならないのでしょうか?

実は決してそんなことはないのです。

逆に無理に揃えようとすると、メーカーが違えば働きがバテッィングして返って無駄になることもあります。

選ぶポイントは3つ。

1.水分(保湿)

2.美肌成分(肌細胞の活性・栄養)

3.油分(保護)

この肌に必要な3大要素が入っているかで判断するといいでしょう。

基本は「保湿」のための化粧水、「栄養」を与える美容液、「保護」のためのクリーム、最低限この3点を揃えておけば十

分です。また、この3要素がしかり確保できれば、1種類の化粧品で最低限のケアは可能です。

最近はオールインワンと呼ばれるお勤めで忙しい方にも有り難い優れた商品も出ていますので、試してみるのもいいでし

ょう。

順番は

@まず洗顔、必要に応じその前にクレンジング。いずれも擦りすぎないことが大切です。

A次に化粧水。ミストでたっぷり与えてあげるのもいいでしょう。

ただし、このときパッティングする習慣のある方が多いようですが、表皮への過度の刺激は禁物、あまりお勧めできま

 

せん。じっくり水分を浸透させて乾くのを待ちましょう。

B表面が乾いた後はいよいよ美容液です。肌細胞に与える栄養ですから、肌の状態、目的に合わせて化粧品を選び、しっ

かり浸透させて下さい。「オメガ3」など肌を土台から元気にしてくれるアンチエイジング成分の配合されたコスメを選

ぶことをお勧めします。

必要に応じ軽いマッサージも効果的です。

C仕上げにクリームをつけるのは保護と油分補給が主な目的です。

先ずは外気に触れて乾燥するのを防ぐため保湿性のあるものを選びましょう。

そして気になる紫外線。

日差しの強い季節、屋外に居る時間が長いときはUVカットのクリームは必須です。

その際、SPS値PA値などの表示を良く見て上手に選びましょう。

お肌には水分、そして油分が絶対欠かせません。

水分補給は誰でも気にするのですが、案外忘れられがちなのが油分です。

必ず美容液かクリームで補給する必要があります。

その際、「オメガ3」の様な肌に必須の油分が配合されているかどうかも化粧品選びのポイントです。